業者の種類と特徴

> 業者の種類と特徴

業者の種類と特徴

塗装専門の業者といっても訪問販売系の塗装専門業者も存在すればリフォーム系や地域ネットワーク系の塗装専門業者も存在します。
塗装専門店には定義がなくインターネットや電話帳などで探してもどの塗装業者も同じく塗装専門業者として掲載されています。

そこで、大きく2つに分けることで比較していきましょう。

塗装工事の受注が業務の業者 おもにセールスマンやテレフォンアポインターなど、営業スタッフ中心ので構成され、塗装工事の受注を専門として扱っている業者。

塗装工事の施工が業務の業者 塗装や防水など、実際に工事を行う職人で社員構成され、工事を専門として扱っている業者。

では、この2つの業者にはそれぞれどういった特徴があるでしょうか?
業者ごとの特徴を比較してみましょう。

1.塗装工事の受注が業務の業者

上記でも挙げたように、塗装やリフォームの工事契約が主の業務のため、広告・チラシ・WEBサイト・テレビCMなど、宣伝費に多くお金をかけていたりします。
また、社員はセールスマンやテレフォンアポインターなどで構成されているため、訪問販売や電話セールスなどを行っていたりもします。
規模の大きい業者が多いのも特徴です。
職人が在籍していることもありますが、大抵、実際の工事は下請けの塗装業者が行う形になります。

この種の業者は、以下のような業者があります。

訪問販売業者

まさに、上記で説明したように、訪問販売による契約をとることを主とした業者です。
最近では訪問してインターホンを押す営業からホームページで宣伝することが多くなっていたりもします。

リフォーム業者

塗装だけに関わらず、リフォームという形で幅広く業務を扱っている業者です。
こちらも塗装業者と同じように、様々な業者が存在していますが、幅広い受け口ということもあり、受注を専門に扱い、実際の工事は下請け業者が担当するということが多いです。

塗装ネットワーク業者

様々な地域にネットワークをつくって運営している業者です。
工事は各地域の支店(加盟店)が担当します。

ブローカー

基本ひとりで営業活動行っています。
宣伝や営業能力が長けインターネット上でも知識があるため塗装専門店と勘違いされることもありますが、契約業務が主で、実際の作業は下請け業者が担当します。

メリット

・費用が安価な場合が多い。
それぞれの家の状況に合わせての見積もりというかたちではなく、「○坪いくら」のような一律の値段でやっていたりする。
また、足場代の割引や期間限定の割引などしているところも多い。
・工事までの日取りが早い。
下請けの業者が多数いる場合が多いので、スケジュールがつけやすく、希望する日程で進められる場合が多い。

デメリット

・トラブルが非常に多い。

訪問販売などの強引な契約でトラブルになることが多い。
訪問販売契約でのトラブル事例

費用が安価だったり、工事契約金から販売員の歩合給が大きく差し引かれ、そこからの費用で下請業者が施工することになるので、材料費を削ったり、必要な工程を省いたりなど、規定以下の手抜き工事になってしまうことも多い。
安価の契約でのトラブル事例

ちゃんとした見積もりをしての工事ではないので、後から補修が必要な箇所などが見つかり、追加の費用を請求されることがある。
追加費用のトラブル事例

実際に工事を行うのは下請けの業者の職人なので、元会社の担当者と職人の間で、ちゃんと話しが通っておらず食い違いなどが起こることもある。
下請け業者によるトラブル事例

2.塗装工事の施工が業務の業者

職人としてやっていった経験者が経営しているのがほとんどで見積もりから施工まですべて職人が担当します。
1.の業者と比較して、地域密着で少人精鋭の個人店が多く、工事作業を中心にしているので、材料や道具に費用をかけてはいても、宣伝に費用をかける割合が少ないので、ホームページを持っていない業者さんもたくさんいます。
こういった現状から、安い費用で下請けとして作業している業者さんも少なくありません。

メリット

・質の良い塗装が期待できる
中間マージンや、営業、下請けの費用がかかるわけではないので、契約費用の多くがそのまま工事の質に反映されます。
また、コスト面から入って質を断定させてしまうというような形ではなく、質から入ってコスト面を追及するため、工事の内容が濃く、段違いに質が良いものになることが多くなります。
・最初から最後まで、職人が担当
職人による見積もり調査があり、それぞれのお宅の状況を直接見ながら、補修が必要な箇所や、壁・屋根の材質や面積から材料費を割り出し、見積もりを出してくれます。
全て職人が担当するので、疑問に思った点や、自宅のことで気になる部分などがある場合でも、ちゃんとしたプロの答えが期待できます。
・見積もり=契約ではない
訪問販売や、電話セールスの場合、その場で即契約を求められたりすることが多いですが、こちらの場合は、見積もりの依頼をしたら即契約ということではなく、見積もりが出てから契約をするかどうかを判断する時間を作ることができます。
・トラブルが少ない
適正な費用で、手抜きなどがない質の良い工事を期待できます。
また、少人数精鋭の場合が多いので、担当者がそのまま施工に参加していることも多く、見積もり担当と施工者が違う場合でも、ちゃんと話しが通っており、食い違いなどが起こることも少ないです。

デメリット

・費用は決して安くはない
上でも挙げているように、塗装の質を考えて見積もりを出していくため、費用は決して安くはありません。
・根っからの職人が担当
根っからの職人ばかりで構成されている業者なので、中には、話しの苦手な職人もいたりしますのでコミュニケーション力が不十分だったりすることもあります。
・追加費用が発生することもある
見積もり調査をしているとはいえ、足場をかけて細部まで調査できるわけではないので、特に屋根など高い位置に思わぬ劣化を発見することがあります。そういった場合、しっかり補修をしてから塗装をすることが適切なので、補修の費用が発生することもあります。
ただ、そういった場合は、勝手に業者側で作業を進めてしまうわけではなく、説明があり、どうするか判断してもらったうえで、作業を進めるという形になることが一般的です。